買う

オーダーメードの革靴専門店「カステッリーノ」が3周年 伊からUターン

「愛着を持って長く使い続けてもらえる革靴を作り続けたい」と話す宮城さん

「愛着を持って長く使い続けてもらえる革靴を作り続けたい」と話す宮城さん

  • 28

  •  

 オーダーメード靴専門店「靴工房カステッリーノ」(名護市大東2、TEL 0980-43-5556)が12月10日、オープン3周年を迎えた。

名護の「靴工房カステッリーノ」が手がける革靴

[広告]

 東村出身で靴職人の宮城健吾さんが店主を務める同店。宮城さんはイタリアで20年間、靴職人としての経験を積み、自身のブランドを立ち上げて活動。2020年7月に故郷へUターンして工房を設置した。

 宮城さんは、革選びから、革の染色、採寸、木型作成、サンプルシューズ、縫製まで一貫して手がける。靴は、宮城さんがイタリアから直接仕入れるという牛革で仕立てる。手作業のため、オーダーしてから完成まで10カ月~1年かかるという。

 利用客の7割は男性客で、年齢層は20代~80代と幅広く、事業主が多いという。フルオーダー靴の料金は25万円~。レディースシューズや革のサンダルも手がけるほか、赤ちゃんのファーストステップシューズやベビーシューズなどの製作体験ワークショップも開く。

 オープンから半年後には、需要に応えて革製の靴やカバン、財布などの修理の受け付けも始めた。これまでを振り返り、宮城さんは「この場所や自分を知ってもらうための活動に力を入れてきた。来店できない人へ向けては、『セルフオーダーシート』で来店しなくても製作できるように工夫してきた。今では、県内外からの注文が多い」と話す。

 「革は呼吸をするので、履き続けると足によりフィットしてくる。足のトラブルを抱えて靴選びに困っている人や、ぴったりな靴探しに困っている人の悩みも解決できれば。手作りだからこその手入れができる革靴は、SDGsにもつながる商品だと思っている。半永久的に愛用いただける靴を目指していきたい」とも。

 営業時間は9時~17時30分。日曜、月曜、祝日定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース